記事一覧

List of articles

エアコンの臭い対策にはこまめな送風運転を!

夏は冷房、冬は暖房に便利なエアコン。…だけど春秋はほとんど使いません、って方も多いのではないでしょうか?しばらく使っていなかったエアコンをいざ使おうとするときに気になるのが「エアコン独特の嫌な臭い」です。

エアコンの嫌な臭いの原因はエアコン内部に蓄積したホコリやカビ…。エアコンフィルターの定期的なお掃除はもちろんですが、使用前の送風運転もおすすめです。

エアコンシーズン前に窓を開けた状態で30分をめどに送風運転を行います。エアコン内部のホコリを送風で吐き出させるので、カビの定着防止に効果的です。
また冷房・除湿モードでエアコンを使用した後もつど20~30分ほど送風運転を行と、エアコン内の結露を乾燥できカビ防止に繋がります。

さらにオフシーズンの送風運転も効果的です。エアコンを使用しない時期も月に1度は送風運転を行うとエアコン内部を綺麗に保てます。

暑い夏のお料理はIHクッキングヒーターがおすすめ

夏バテ対策は食事から、でもお料理する立場としては「キッチンにいるだけで夏バテしそう」というのが本音ではないでしょうか?
そこでおすすめなのがIHクッキングヒーターです。
皆さんもご存知の通り最大の特徴は”直火を使わない”こと。
火による熱が発生しないため、キッチンが暑くなりにくく、快適にお料理することができます。

直火を使わないメリットがもう1点。それは扇風機を使っても立ち消えの心配がないということです。キッチンにエアコンが届きにくいご家庭でも、扇風機で冷風を送るようにすれば涼しさがさらにアップします。

また、油が飛散しにくく、トッププレートの吹きこぼれや汚れもサッと拭くだけなのでお掃除も短時間で済ますことができます。

真冬も扇風機を上手に使って省エネを

暖房モードのエアコンをつけても暖まりにくい床回り。
温かい空気は軽いため天井に、冷たい空気は重く足元にたまりやすいため、
顔周りだけ暑いのに足元は寒いまま…といった現象が起きます。

そんな時に便利なのが扇風機やサーキュレーターです。
使い方は扇風機やサーキュレーターを天井に向かって運転するだけです。
これで部屋の中に上下の気流ができ、部屋の上部にたまった温かい熱を循環させることができます。

温度ムラが減り、床まで暖かく感じることができるようになるので、
設定温度を上げ過ぎ防止になり、部屋の乾燥防止や省エネに繋がります。

<メールでのお問い合わせはこちら>

0587-21-2261
FAX 0587-23-6976
定休日 日曜日・祝日  / 営業時間9:00~18:00

0587-21-2261

〒492-8143 愛知県稲沢市駅前三丁目18番16号

営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜日・祝日
駐車場
5台完備